窓ガラスが結露でびっしょり!そんな時に使える?4つの対策!

ed29124214c00c183283818953e5dcbd_s
 
冬での悩みの一つとして困るのが、窓ガラスにびっしりついた結露ですよね。
どうしても寒いので部屋を温かくすると温度差で結露がでてしまい、床も濡れたりカーテンも濡れたり、カビの原因になったり、とにかく厄介です。
 
何度窓を拭いたとしても、部屋が寒い訳ですから、暖房器具を使うと結露が発生する訳で、単なるいたちごっこになりかねません。
 
そんな悩みを解消する結露を防止する対策方法を今回はご紹介します。
 

窓ガラスの結露を食器用洗剤で防止!!

意外に知られていない方法なのですが、家庭で誰もが使っている食器用の洗剤。
これを使う事でガラスにつく結露を防止する事ができます。
チョー簡単ですので皆さんも是非やってみてください。
 
 
cde2cb24657767c7ce857f3fb5116cb0_s
 
やり方としては、水500mlくらいに食器用洗剤を50mlくらいの割合で薄めます。
水10:洗剤1の割合くらいで十分ですね。
そして、結露がついている窓を先に乾いた雑巾やタオルで結露を拭き取ります。
その後は、先程つくった洗剤と水の液に別のタオルや雑巾をひたしてよく染み込ませます。
後は、そのタオルで拭くだけです。
これで1週間程は結露を防ぐ事ができます。
 

窓を開けてこまめに換気

 
これは空気中の水分を外に逃がし結露を防ぐ方法です。
といっても、冬ですよね。
寒い訳です。
そんな換気なんて毎度やってられません。
寒いから部屋の中を暖めている訳で、なかなかこの対策は難しいですよね。
もちろん空気の入れ替えはいいんですけどね、なかなかさくっと出来る対策の割には
したくないですね。
 

結露対策グッズを買う

e5cebcd8e18cf6ae4cb6eb5f0e2ac185_s
 
ここまでくると、商品を買う訳ですからなんか対策って感じもしなくなります。
 
結露のグッズは結構販売されていて、ワイパーみたいなグッズで結露を取るものや、結露防水シートや他にも結露防止スプレーなども売っています。
 
しかし、いちいち水分の為に出費して対策ってのも微妙ですよね。
 
冬が長い地域であれば購入しても損はないと思うのですが、冬が短い地域ではあまり買うかどうかは迷いますね。
 
安いグッズであれば検討の価値ありです。
 

僕のお婆ちゃんがやっていた対策

僕のお婆ちゃんは結露がでると塩をおもむろに取り出し、洗面器で水と混ぜた後に雑巾で塩水で窓を拭いてました。
効果があるのかどうなのかわかりませんが、確かに

「これで結露がでらんくなるけんね」

 
って言っていました。
 
あまり記憶があいまいですが、究極のやり方かもしれません(笑)。
 
一番無難に簡単に出来そうなのは洗剤のような気がします。
 
窓などについた結露に困っている方は是非試してくださいね。