収入保障型の保険のメリットとは?子供の成長にあわせた年金方式で受け取れる保険。

 
d31b3f09f1828f3287d5bbf016e45886_s
 
 
今回は、収入保障型の保険について説明したいと思います。
 
小さい頃は親が自分にかけてくれたりと、いろいろと無知だった保険も
 
いざ自分が家庭を持ったりすると必ず保険の問題がでてきます。
実際保険ってたくさん種類があって、どの会社のどの保険がいいのかって迷った方もたくさんいると思います。
 
今回は、その中でも最近よく話題になっている「収入保障型の保険」を説明していきます。
 

一言でいえば年金のように毎月受け取れる保険。

 
ざっくりというとこんな感じなんですが、少し詳しく説明しますね。
 
この図をみてください。
名称未設定1.001
 
例えば、被保険者が死亡したとします。
すると、死亡した月から保険期間が満了するまで毎月決まった定額の保険金を受け取る事ができます。
 
一般的な保険は、何かあった時に一度に決まった額をもらえる場合がおおいですが、
収入保障保険では、上記のように年金みたいに受け取る事ができるんですね。
 
この保険金は受給開始が早ければ早いほど保険金の総額が増えて、遅いと総額が減っていくって形なんです。
 
例えば、子供が小さいと何かと必要なお金がでていきますが、ある程度大きくなると少しづつ負担は少なくなりますよね。
 
 
639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s
 
 
子供が自立するまでに見合った金額を受け取れるシステムが、この収入保障型なんです。
下の図を参考にしてみてください。
 
名称未設定2.001
 
例えば、夫婦どちらかが倒れ、一人で子育てをしなければなりません。
 
40歳の時にまだ子供が小さいとして、何かとお金が必要になりますよね。
 
この時は多めに受給をしていって、子供が成長していくほど受給額を調整して少なくしていくっていう形です。
 
こういった調整ができるので、月額の支払う保険料も安くなるのが特徴なんですね。
 
 
年金方式で受給はできて、金額も調整していけるっていうメリットがあります。
 
調整次第では月額の支払費用も安く抑える事ができるって形ですね。
 
 
こういった調整がきいて、減っていく方式の保険をだんだん減(逓減払込方式)といったりします。
 
子育てのご家庭で保険を悩まれている方は、一度この、収入保障型の保険を比較、検討してみるといいかもしれません。