ploom TECH(プルームテック)を買ってみての感想。次世代電子タバコの実力は?

プルームテック
 
3月で販売開始直後にすぐ売り切れ、6月23日から販売再開も入手困難が続いているploomTECH。本日セブンイレブンでゲットしてきたので、早速レビューをしてみたいと思いやす。
 

未だに入手困難なploom TECH(プルームテック)

 
6月23日よりプルームテックの再販が再開したけど、ネットはサーバーが繋がらないままで予約しても届くかわからない。
 
僕は福岡在住なので、たばこ店やコンビニで買う事ができるのだが…。
 
1ヶ月まえから、JTのプルームテック取り扱いのたばこ店へ電話をするも予約で、次の入荷は8月以降ですという始末。
 
それからはコンビニで店員に聞き込み調査を行いました。
 
コンビニでは各店舗2個ずつしか入荷がなく予約ができない。
 
6月24日の夕方4時に配送で店舗に届くとの事だったので、30分まえからスタンバイするも、入荷が1時間早まり10秒で2個とも売れ在庫なしとのこと。
 
あきらめきれず色々と店舗を8店舗ほど回るもどこも品切れ。
 
次の入荷は6月27日との事で2時間早くコンビニに行くと既に一人プルームテック待ちがいました。
2個までなのでギリギリ二人目として滑り込めましたが、着いた5分後には入荷があり危ないところでした。
 
そのあとも、プルームテックを求めて客が来るわ来るわで人気の高さがわかりました。
 
転売目的で買いあさっている人がいるみたいですね。
 
前置きが長くなりましたが、早速開封してみます。
 

ploomTECH(プルームテック)開封。中身と使い方。

 
ploom1
 
スターターキットの価格は税込み2,000円です。
本体とは別にたばこのカプセルを買わないといけません。
今回のカプセルはレギュラーを買いました。(カプセルと一緒にカートリッジが同梱されています)
 
なので合計2,460円になりますね。
 
では、開封してみます。
 
pl16
 
まずは専用収納ケースがついています。
 
pl15
 
中の構造は写真のようになっていて、プルームテックの入れる場所(細いところ)とたばこカプセル5個を収納できるようになっています。
 
pl14
 
さて、次にはいっているのは、本体のバッテリーとUSBチャージャーです。
 
このキットの下段をさらに開けると…
 
pl17
 
2段目にはACアダプターと説明書がでてきます。
これで、ploomTECH(プルームテックを充電して使用します)
 
 
 
次は別売りのたばこカプセルも購入したので、早速開けてみます。
 
pl18
 
買ったのはレギュラーで黄色のパッケージです。
3種類の中でも1番吸いごたえがあるとの評価が高かったので早速こちらで試してみます。
 
なんか、横から開ける仕様なのか 開けにくいですね…。
 
 
pl19
 
開けると中にはカートリッジが先に見えます。
 
 
pl20
 
 
このカートリッジ部分を本体バッテリーと連結させて使用します。
 
 
pl21
 
たばこカプセルはこんな感じで5個入りではいっています。
 
pl10
 
ploom5
裏に装着の仕方が書いてあるので、こちらでも使用方法は確認できます。
 
pl23
 
とりあえず、充電しないと始まらないので、USBチャージャーとACアダプターを合体。
 
pl24
 
そして、ploomTECH(プルームテック)バッテリーを回しながらUSBチャージャーに付けて
 
ploom7
 
ploom2
 
そのまま、コンセントへズドン!
なんか、赤く光ってカッコよすです。
 
ploom3
 
待つこと1時間ちょっとで充電完了!
充電が終わると白く光ります。
 
 
pl8
 
それでは、充電が終わったバッテリー本体と、たばこカプセルに付属しているカートリッジを連結させます。
 
pl9
 
ネジのようにくるくる回してとりつけます。
 
 
pl11
 
後は、たばこカプセルを1つ取り出して
 
pl12
 
カートリッジのもう一つの部分にはめ込んで完成。
 
なんとも簡単ですね。
 
 
 
pl26
 
持つとこんな感じです。
 
たばこよりは長いですし(ボールペンんくらい)少しだけ思いです。
 
早速吸ってみます。
 
 
pl25
 
吸うと写真の様に青く光ります。
 
一服一服ごとに青いLEDが点滅しますので、なんとなくかっこいいですね。
 
 

ploomTECHで一番気にしないといけない事

匂いもしないで、周りにも迷惑をかける事がないプルームテック。
 
これを使用していくにあたっては、少し気をつけないといけない事があります。
 
プルームテックのたばこカプセル1個で50回まで吸うことができます。
 
JTではこの1吸いの事を1パフと呼んでいますが、要するに1カプセルで50パフまでできるという事になります。
 
カプセルは5個セットですから250パフまでが1箱あたりの使用限度となります。
 
注意としては、1カプセルで50パフをこえないように吸わなければ、カートリッジ自体がもたなくなるということです。
 
50パフになると、写真のように光っている青いLEDが12回点滅し、カプセルの交換を教えてくれるのですが…
 
これって、本当に気付きにくいです。
毎回LEDを見ながら吸うならまだしも、普段そんな事なかなか気にしながら吸っていませんよね。
 
しかしながら、今はこの方法しかないです。 自分で確認しながら吸う事です。
 
50パフをこえて吸い続けると、カートリッジがもたず、カプセルが余る事になります(カプセルとセットで販売しているため)
 
ここはJTでも大きな課題だと思うので、なんかしらの対策をしてくるかなと思いますが、今の段階では方法がありません。
 
自分でカウントするか、LEDチェックを見逃さないという形しか当面はなさそうです。
 
次回は吸った感想についてまとめていきたいと思います。
 

関連記事
ploomTECH(プルームテック)を吸ってみて思う事。
ploomTECH(プルームテック)を確実に購入する方法【福岡編】
ploomTECH(プルームテック)を吸って変わった7つの変化。
ploomTECH(プルームテック)を吸ってみて思う事。