最近話題のフリマアプリ「メルカリ」ってヤフオクより楽って本当なの?

  • 2016年9月28日
  • web
web

49cad23354bef871147702f5880a45c6_s
今回はスマホで簡単にできるフリマアプリ「メルカリ」を紹介します。
今までは個人間の売買といったらヤフオクが主流だったんですが、とても気軽にできるアプリとしてメルカリが最近で人気があるんです。
 
 

で、何がヤフオクとちがう?

 
一番に言えるのが、すぐに売れるって所なんですね。
出品してから24時間以内に売買が成立することも結構ありますし、
また出品するまで3分ぐらいでできちゃいます。
 
スマホの手軽さに加え、以外に早く売れちゃうて所が人気なんです。
 
今までだとヤフオクとかでも購入と決済って結構煩わしかったりしますよね。
入札形式だったり、決済が面倒だったり。
 
ところが、メルカリがヤフオクと違うのは入札件数とか終了時間とかないんで正直楽ちんなんですね。
 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-21-09-32
画像引用元:メルカリ https://www.mercari.com/jp/
 
システムとしては支払った代金はメルカリの事務局が預かり、商品が購入者の手に届き受け取りの時に通知ボタンをタップで出品者に支払いが行われるといった流れになります。
 
事務局が管理しているんで安全に取引ができますし、口座情報など入力する手間がないんで結構安心なんです。
 
デメリットはヤフオクは一覧で見ることができたり、詳しい検索ができるが、メルカリは色々な商品が入り混じった形で商品がでるので、いささか探しにくいかもしれないって所です。
 
他にも、出品して購入されると代金の10%を手数料として持って行かれるのでやや手数料は高めに感じちゃいますね。
例:20,000円で売れると2,000円が手数料でとられるから、手数料を考慮した金額で値段設定しないと結局そんなに希望の金額で売れたことにならないですね。
 
あと今までの購入者とのやりとりの履歴とかを閲覧できるようになっているので、あまりいつ
も値下げ交渉とかには対応していると、すぐまけてくれる人って思われたりするから頻繁な値
引きは避けたほうがいい気がします。
※他にはやりとりも真摯に対応することをお勧めする(当たり前だけど)
 
使い方としてはスマホの画面をスワイプしていくと、新しく出品されたものが次々に出てきます。
 
ヤフオクは欲しいものを検索するデザイン。
メルカリは、出品されたものを整理しない形で表示するどちらかというと、宝探し的な感覚に近い雰囲気です。
 
e3b9afe0828bdace96f8bccb45fe8030_s
 
 
何でもそうですが、商品画像をきちんと綺麗に撮影したり、商品の説明をなるべく詳しく書いたり、価格を適正な価格に設定したりと、購入者に対しての配慮は欠かさないようにしましょう。
ヤフオクの価格と調整しながら、交渉したり、安く設定する事で高く売れる事もあるので色々なサイトで比較しながら値段設定をしてみてください。
 

で、ヤフオクやアマゾンの時代は終わったのか?

いえいえ、終わってません。
ヤフオクも、メルカリに似たワンプライス出品という機能をスマホアプリ追加してきました。
普通出品する場合にはヤフープレミアム会員の有料サービスに入らないといけないが、このワンプライス出品は無料で利用できるんですね。
かんたん決済の手数料が今年の1月から無料になっていますので嬉しいサービスになりました。
 
アマゾンマーケットプレイスも個人間でやりとりできるサービスがありますし
は他にも買い取りサービスを始めています。
本やDVDの他に衣類や家電など色々な買い取りをしてくれるようになったんです。
リコマースっていうのが→小さな品物に対応してて、
買い取りを依頼したあとに、最短で翌日に宅配便の引き取りが来て梱包したものを渡すだけ。
 
cc3a2968722d0f87415b4dcbdb36edd7_s
 
大型、大量の品を自宅で引き取ってもらうのが→マーケットエンタープライズ。
こちらは最短で数分後に事前査定額が分かり、こちらも自宅に引き取りにきてくれるサービス。
メルカリと同じで手軽感があるサービスなんですね。
 
 
他にもハンドメイドを売るサービスで「クリーマ」ってサービスがあるんですが、
登録クリエーターが約7万人で雑貨の他に家具とか絵画とか色んなハンドメイド品がそろっているんです。
7098c115904881d037a2196e0b75c969_s
 
フリマ系のアプリも今はヤフオクを筆頭にメルカリやらアマゾンやら色々な物の売買がより手軽にできるようになりました。
皆さんも、お小遣い稼ぎや不用品を少しでもお金にかえるのに、こういったお手軽なサービスを使ってみてはいかがでしょうか?
 
具体的な方法は次回紹介したいと思います。