手帳でおすすめ!企画に使えるアイデアノート「MDノート」


今回は企画やアイデアに使える手帳の紹介をします。
その名も「MDノート」
今まで色々な手帳やノートを使ってきた僕が一番使い勝手がよかったノートがMIDORIのMDノート。
新学期や新しい職場などで使えるノートの1つとして紹介したいと思います。

モレスキンより安くていいノートはないか?

今まで僕はモレスキンのノートを使っていました。
モレスキンと言ったら、一度は聞いたことがある人もいるかと思いますが、ノートの中でも一番有名じゃないか?っていうくらい有名ですよね。
紙の質感もいいし、ハードカバーも高級感があって、持っているだけでテンションが上がるノートです。
僕の仕事はクリエイティブ関連なので、モレスキンを使い続けるのはよかったんですが、ただ企画をめちゃくちゃ多くかき出すのですぐ使い切っちゃうんですよね。
で、何が困るかというと

高い・・・

そうなんです。
普通に3000円とか1冊越えちゃうんで、コスパが悪いんですね。
かっこいいはかっこいいのですが。。

コスパのいい「MDノート」

そこで、モレスキンのような紙の書き味がいいノートでコスパがいいノートを以前探していたら、あったんですよね。
MIDORIの「MDノート」

これを買ってからひたすら使い倒しています。
意外にノートって途中で使わなくなったりする事もあると思いますが、このノートに変えてからはどんどん使い倒すようになりました。

MDノートのいいところ

第1にデザインがシンプルなのに優れている所だと思います。
写真で見るとわかるとおり、いたって白のシンプルなデザインとなっています。
表紙もなくて、糸がかりで製本されているので寒冷紗という網が背面の背にむきだしてて、糸の模様もちょっとした味がでていい感じです。

また、ワンポイントカラーで紐のしおり(スピン)がついているのも可愛いワンポイントになっています。
このスピンの色別に、何に使っているノートかわかるのでひとつの目印のアイコンとしても使えます。

第2にとても書きやすいです。
1つは、糸がかり製本で作られている事によるのですが、フラットに開きます。
なので、180度真っ平らで書く事ができるので、ページがもどったり余計なストレスがありません。
またコットンの紙がボールペンや万年筆などあらゆるペンで書いた時になめらかに書ける書き味を実現しています。
第3にやはりコスパでしょうか。
僕が使っているのは基本的にA5の無地と、A5の方眼、他にはちょっとアイデアを書き留めるのに新書サイズの無地を使っています。
僕の場合は絵コンテなども書いたりするので、すぐ使い切っちゃうのでこの値段でおしゃれで書き心地がいいノートはとっても嬉しいです。

まとめ

MDノートは最近ではラインナップも増えて、様々な種類が出ています。
今では絵コンテ専用とかもありますね。
今では、スマホでメモとかとったり、evernoteなどで記録したりとする事も多くなったと思いますが、やはり手書きノートはなんとも言えない味がありますね。
クリエイティブ関連の人にはとてもオススメだと思います。
実際僕がこのノートを使っていると、周りの人に「いいノート使っていますね。それどこで買えるんですか?」と言われます。
表紙も無地なので、自分でイラスト描いて表紙にもしたりしています。
基本的にこのMDノートはオンラインショップで販売されていますが、店舗でも購入ができるので、購入できる場所を貼っておきます。
ノート選びに困った方は、ぜひ「MDノート」を自分のノートの候補にいれてみてください。