GR3のカメラ内現像でほぼ問題ない。

目次

コンデジの中でも画質、重量、使い勝手で圧倒的パフォーマンスをただき出すGR3を購入してる人は沢山いると思うのだけど、カメラ内現像について少し感想的なものとして記載。
結果からいうと、ほぼ撮影するものはカメラ内現像で間に合うんではないか?って事。
RAW現像するかとかJPEG撮って出しとか色々撮影で考えることとか、撮ってからやる事って結構多い。
GR3のレビューとか沢山ブログがあって参考にしながら撮影してはレタッチとかしてたんだけど、結局時間が取られまくるって事で最近はRAW撮影でカメラ内現像をさくっとして写真として残す毎日。
意外にやってみるとそこそこいじれて、見るには全然耐えうる画質な気がする。
 
ちなみにカメラ内現像したものを少し載せると
 

 

 

 

 
こんな感じ。
最後だけHDR。
 
基本的に露出とホワイトバランスとイメージコントロールをいじる。
ブログ用にサイズを圧縮してるので大きな画面で見ると粗く見えるんだけど、普段使いでは問題ないような気がする。
Lightroom起動してやりはじめると、時間がいくらあっても足りないくらいやっちゃうって事があって、さらにカメラプロファイルがGRの場合ないんで、イメージコントロール意識した色づくりとか大変なわけで、結局手軽に撮影しても色々そのあとに時間かかる。
 
そんな事でカメラ内現像をいじってみたら、普段使いは全然これでいいんじゃないかって結論に至ってしまった。
作品とかこだわってやるなら物足りないのかもしれないけど、そこそこの調整はできちゃうからRAWで撮っててちょっと補正をするならそんなに時間かからない。
実際1枚1−2分で作業しちゃう。カメラのモニター自体が小さいから細部までは確認しにくいのだけど、そんなに気にもならないので、カメラ内現像しだしてからは、Lightroomでソフト起こす事あまりなくなった。
 
全然これでイケるやん。って事でGR3ではカメラ内現像だけしかしなくなった。
撮影はJPEGでも撮影するんだけど、結局カメラ内現像するからGRではRAWオンリーで、撮ったあとすぐ現像しちゃいます。
別の記事で書く予定なんだけど、おいらはコンデジを3つ持ってるからそれも理由でGRはこのスタイルでいいかなと思った。

富士フィルムのX100Fもカメラ内現像できるんだけど、設定いじった後のプレビューが変更するたびに見れないから、使い勝手悪すぎて、結局カメラプロファイルあるLightroomとかおこしていじる事なる。
まあX100Fはコンデジに見えないくらいデカイし、それなりにJPEGで色いいから、現像する必要もないのは多いんだけど。
何かしらGRは小さい分、現像に使う時間が少しもったいなくて今のスタイルに落ち着いた。
単純においらのめんどくさいって理由がそうさせたのかもしれないけど、全然カメラ内現像だけで遊べるので使ってない人はいじってみたりして遊んでみるのもいいかもしれない。